ホーム >  今月の健康アドバイス 2021年

5月号 「新型コロナワクチン接種について」

 

 新型コロナワクチン接種が始まりました。区民の皆様におきましては、不安なことも多いかと思いますが、厚労省のホームページ、京都市からのアナウンス等から抜粋して皆様にお伝えします。

 

① 接種回数

 現時点で,国から示されている接種回数は2回です。2回とも無料で受けられます。また、接種は強制ではありません。ワクチン接種の受け方ですが、まずは「ワクチン接種券」が届きます。後日、京都市から「予約開始のお知らせ」が届きます。その後、予約をする形になります。
 今回接種していただくファイザー社のワクチンは、原則2回接種が必要です。通常,1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受ける必要があります。1回目から3週間を超えた場合には,できるだけ早く2回目の接種を受けてください。
 接種後は,アナフィラキシー等の副反応に対応するため,少なくとも15分間(体質等によっては30分間)は状態を観察する必要がありますので、接種施設で待機していただきます。あらかじめ御了承ください。

 

② 接種場所

 地域の病院・診療所等(かかりつけ医等)での個別接種、あるいは、集団接種会場での接種となります。かかりつけ医で接種可能かどうかは、かかりつけ医にお尋ねください。かかりつけ医の無い方は、集団接種会場での接種となります。

 

③ ワクチンの有効性

 ファイザー製のワクチンはイギリス型変異を含む新型コロナウイルス感染に対して高い効果があることを示す報告が複数なされています。同ワクチンは2回接種が基本ですが、1回接種のみでも、発症だけでなく、感染そのものを70~80%程度以上予防するという結果がイスラエル、イギリス、アメリカから相次いで報告されています。

 

 新型コロナウイルスから、自分・家族・愛する人々を守り経済活動が早く正常に戻るためにも、感染予防ならびにワクチン接種をお願いいたします。


 一般社団法人 右京医師会 寺村 和久

 

今月の健康アドバイス バックナンバー